みんなの力で、みんなの幸せを「幸せとは、自立して自由に生きること、今できることで周りの人の役に立つ働きが出来る時に感じるものです」山本孝之 みんなの力で、みんなの幸せを「幸せとは、自立して自由に生きること、今できることで周りの人の役に立つ働きが出来る時に感じるものです」山本孝之

山本孝之×山本左近 メイン画像

各界の著名人の方をお招きして、この国の福祉の未来について僕・山本左近がお話をうかがっていくこの企画。記念すべき第1回目にインタビューさせていただくのは、僕と最も縁の深いこの方以外に考えられない。そう。僕の父であり、さわらび会の創設者である山本孝之理事長だ。僕は父の存在なしにここにいることはなかった。そんな尊敬すべき父はなぜ医者になり、40年以上前から認知症に取り組み、そして福祉村を作ったのか。こういう形で話を聞くのは少々気恥ずかしいけれど、父の言葉から、これからのさわらび会を背負って立つ人間として僕が何をすべきなのか、そして日本の福祉はこれからどうなっていくのかを、前後編の2回に分け、皆さんと一緒に考えていきたいと思う。

脳卒中そして認知症患者のケアを、生涯の課題に。

山本左近(以下S):理事長はもともと、なぜ医師になろうと考えたのですか。

山本孝之(以下T):だいぶ昔のことだから詳しくは思い出せないけれど(笑)、母親が助産婦だったことの影響でしょうか。子供のころ、母が勤務していた診療所によく遊びに行っててね。そこの息子が歯医者になるために一所懸命勉強しているのを見て、自分も医者になろうと思った。そんな覚えがあります。

S:なるほど。そうだったのですね。

T:思春期を第二次世界大戦の最中で過ごしたのち、卒後の研究室は名古屋大学の第三内科に入りました。そこで教授から動脈硬化の研究テーマをいただきました。その研究が後に大変役立ちました。

山本孝之×山本左近 記事挿入写真

S:理事長が豊橋に戻り、山本医院を開業したのが1962年ですね。

T:医局の命令であちこちを駆けずり回っていましたが、銀行員だった父親が定年退職し、一緒に暮らさないといけなくなったので、それを機に豊橋に帰り、内科医院を開業しました。
はじめは病室を持たない山本医院でしたが入院が必要な患者さん達から「山本先生にずっと診てもらいたい」とお願いされて19床を持ち、その後98床に拡大しました。その頃まだ珍しかった脳卒中の治療とリハビリが期待されたからだと思います。

S:当時は脳卒中の全盛期だったそうですね。

T:'60年代に入り、徐々に日本人の寿命が延びてくるとともに、脳卒中の患者が増えてきました。

S:当時は脳卒中になると、絶対安静が常識だったといわれていたそうですね。

T:そうです。脳卒中で倒れると亡くなってしまうか、運よく一命をとりとめても、寝たきりになってしまう。それが普通でした。でも私は、幸せとは自立して自由に生きること、そして、自分の能力で誰かの役に立つことだと思っていました。確かに、まずは命を救うことが大切ですが、その後に寝たきりでは必ずしも幸せにはなれない。そう考えて、脳卒中のリハビリを始めました。

そして、たとえ脳卒中になっても早めにリハビリを行うことで日常生活の自立度を高め、寝たきりにさせないようにしてきました。当時、豊橋で同じことをしている病院は他にありませんでした。そのため「脳卒中で倒れても、山本病院に行けば歩けるようになる」という噂が広まり、非常に多くの人が来て下さいました。

S:僕が素晴らしいと思ったのが、当時すでに介護婦として専門の介護職を独自に作り出し採用していたことです

T:脳卒中のリハビリは看護師や理学療法士だけでは手が足りませんでした。だから衣類の着脱やトイレの誘導など、介護士の方には資格がなくてもできることを中心にやってもらいました。必要な仕事なのでどんどん採用しましたよ。

山本孝之×山本左近 記事挿入写真

S:さらには、ケースワーカーと呼ばれる相談員が約100床に対して6人もいたのですが、これは今の配置基準と照らし合わせてもとても多いです。ケースワーカーは病院と患者さん、家族をつなぐとても大切な役割。その人達が6人もいたのは、どれだけ先駆的に高齢者のケアに真剣に取り組んでいたかの証拠ですね。

世間の反応はいかがでしたか?

T:ご家族の皆さんには、大変喜んで頂けました。しかし、看護婦さんではない一般の女性を採用して訓練したので、保健所からは「資格のない人間を雇って病院で働かせるなんて、とんでもない」と怒られたし、看護婦さんからもストライキを起こされ大変な想いをしました。でも患者さんの着替えのお手伝いや排せつの訓練は、私が教えさえすれば資格がなくても十分でき、そして患者さんの日常生活を充実させるには、それらを行えるようにする必要がある。だから保健所とはずいぶん喧嘩をしましたよ(笑)。「何を言おうと、何が何でもやるんだ!」という意気込みで。

S:普通に考えたら、保健所からそんな通達が来たら従っても決しておかしくない。理事長は必要だと思ったことは、とにかくやり通す。そして、決して信念を曲げることはない。本当にすごいことだと思います。そして'60年代半ば以降、認知症患者の方が次第に増えていったわけですね。

T:これは、日本人の平均寿命が大幅に上がったことが大きいです。当初は脳の動脈硬化が原因である血管性認知症が多かったので、もともと脳卒中の患者さんに行っていた治療法が効果的でした。しかし降圧剤で血圧をコントロールできるようになったことで血管性認知症は減り、アルツハイマー型認知症が多くなってきたわけです。それは日本人の平均寿命が伸びたからなんですね。アルツハイマーは脳の病的老化なんです。アルツハイマー型認知症を完治させる方法は当時も今もない。当時、世界中の医師が「医者の仕事は認知症を診断するまでで、そこから先は家族に任せれば良い」という考えが普通でした。しかし、私は認知症患者を抱えたご家族が、どうしたらよいかわからずに大変困っていらっしゃるようすを、たくさん見てきました。

S:そこで、脳卒中の次は認知症患者のケアを生涯の課題にしよう、と決意されたわけですね。

T:患者の方には、自立して自由な生活をできるようになってほしい。そう考えて認知症のリハビリを始めたのです。まず具体的には排泄の自立を第一の目標としてやって来ました。その方を観察し、何時間ぐらいの間隔で排尿があるかを調べ、その直前にトイレに誘導します。ただし「そろそろ時間ですからトイレに行きましょうか」と聞くのは、自尊心を傷つけることになります。ですから「少し散歩をしましょう」と言って外に連れ出し、トイレの前を通り「ああ、ここにトイレがあるから用をたしてから行きましょう」というように、失禁を防ぐことから始めました。

そして、もっとも大切なことは、その方が一番好きなことをやっていただいて幸せを感じていただくことで脳の血の巡りを良くして、認知症を良くしようとしました。
しかし、アルツハイマーが増えたことには悩まされました。リハビリを一所懸命やって、血管性の認知症はよくなりますが、アルツハイマーは治りません。

S:ですが、楽しいことをすれば、アルツハイマーでも、症状の進行を遅らせることができると実践を通して考えたのですね。

T:そうです。脳の神経細胞には酸素とブドウ糖が必要なのですが、それを行き渡らせるのは血流。つまり脳の老化を防ぐためには、頭の血の巡りをよくすることが必要です。その方が一番好きなことをなるべくしていただくことで、脳細胞が死んでいくことを少しでも防ごう。そう考えて音楽療法・回想法など、認知症のリハビリを行ったのです。

山本孝之×山本左近 記事挿入写真
山本孝之×山本左近 記事挿入写真

1973年から続くオーセンティックな「認知症介護の三原則」

山本左近(以下S):「一、いつも温かい愛情と笑顔で」「一、決して叱らず制止せず」「一、今できることをしていただく」という「認知症介護の三原則」を1973年に作られた経緯は、どのようなものだったのですか。

山本孝之(以下T):認知症は当時の日本では初めて出てきた病気だった。だから、家族にとってもまったく意味がわからなかったわけです。ですからご家族に向け「認知症になったらこういう症状が出るのだから、優しく支えてあげてほしい」という意味で考えた言葉なんです。

S:これはまさに、真理をついていると思います。今も新しくでている認知症のケアを紐解くと、すべてこの三原則に行き着く。患者さんに対するアプローチはいろいろと新しいものがあっても、原理原則は40年以上変わっていないことを実感します。
その度に理事長が1973年という40年以上前に認知症介護の三原則を作られたことに驚きを隠せません。

T:それまで一家の大黒柱として立派なお仕事をされて家族を支えてきた、最も尊敬する人物が徘徊をしたり排泄ができなくなったりする。家族にとって、これほど悲しいことはない。そんなつらい現実が襲って来た時に、正しく理解し、正しい対応をしてもらえるようにこの三原則を唱えたわけです。

S:'73年に発行された機関誌さわらび第1号を読んだのですが、理想として「老人天国を作りたい」という趣旨の記事がありました。老人専門病院と研究所、そして老人が生活できる老人住宅と特別養護老人ホームや公園のある老人天国を作ろう、というものです。まだ「さわらび会」が誕生する前のことでしたが、現在の福祉村の構想そのものでした。それを見事に実現させ、老人のみならず障害者や保育園の子供も含め、みんながお互いに支え、支え合う場となっている。その理想を作り上げたのは信念でしかない。あらためて自分の父でもありますし、さわらび会の理事長でもある山本孝之の歴史を見ていくと、すごい人生を歩んできたんだな、と強く思います。

ところで今、ショートステイという仕組みが制度上認められています。施設に長期に入所するのではなく、短い間だけ利用者さんが施設を利用する、というシステムです。
これについても、山本病院では40年以上前から導入していました。当時は他に、このようなサービスを行う病院はあったのでしょうか?

山本孝之×山本左近 記事挿入写真

T:いや、ないですね。全国的にもなかったと思います。このシステムが一般的になったのは、90年ごろだと思います。当時、多くの日本人にとって、認知症とはまったくの初体験の病気。心筋梗塞やリウマチの知識を持っている人はいましたが、認知症はほとんどの人が知らないものだったわけです。それまで健康だった人がおしっこを漏らしてしまったことに、家族が怒鳴る、叱るでは、決してよくならない。それならば、こちらで引き受けるしかない。そう考えて、認知症になったお年寄りが幸せに暮らせる環境を作ろうと思ったわけです。
そして'76年、特別養護老人ホームを作るために、社会福祉法人の認可を国から受けました。これは開業医としては、極めて異例のことでした。

山本孝之×山本左近 記事挿入写真

脳卒中などで入院した場合、治療とリハビリを経て、自立して日常生活を送れる状態になられると退院していただきました。しかし、ご自宅に帰られると症状が悪化し、再入院したり亡くなられてしまうことがありまして…。日本人の寿命が急激に伸び、老人が増えた。しかし家族は、お年寄りをどう介護したらいいのかがわからない。そんな時代だったのです。うれしいはずの退院が実は危険なことなのだ、と気づき、退院させられない患者さんは私が責任をもってお守りしていこう、と決めました。それが、私が「社会福祉法人さわらび会」を作った最初のきっかけです。でも当時、役所には「開業医が老人ホームを作るなんて、とんでもない。それは、われわれの仕事だ」などと、散々な言われようでした。それでも、やっとのことで社会福祉法人の認可をいただき、愛知県で3番目となる特別養護老人ホーム・さわらび荘を作ったのです。

山本孝之×山本左近 記事挿入写真

(後編に続く)

合わせて読みたい記事