さわらびキッチン

main image

旬の食材は栄養価が高く、味がよいことでも知られています。
おいしいものは、体はもちろん、心の栄養にもなります。
さまざまな食材の栄養価のポイントや調理のコツを、さわらびキッチンからお届けします。

メデタイと珍重される祝い魚「鯛」

鯛の代表格は、鮮やかな赤い体色の真鯛です。近年では養殖物や輸入物も多く出回っていますが、春に産卵を迎える真鯛は「桜鯛」「花見鯛」と呼ばれ、特に味が良いとされています。春はお祝い事の多い季節でもあり、お祝い事といえば、鯛を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

日本では昔から祝い魚として珍重されていますが、その歴史はとても古く、なんと縄文時代の遺跡から鯛の骨が出土しているそうです。 

真鯛は、血流を改善し動脈硬化や血栓症を予防するDHAとEPAをバランスよく持ち、糖分をエネルギーに変えるビタミンB1も豊富です。捨てるところがない魚としても有名で、頭はかぶと焼きや煮つけ、中落ちは潮汁、うろこは唐揚げ、白子は酢の物などなど余すところがありません。とくに目の周りは栄養が豊富なのでぜひ利用したいところです。身は歯ごたえがあり、癖もないので、和洋中どの料理とも相性が良く調理法も選びません。唐揚げ、天ぷらもおすすめです。

真鯛に含まれるアミノ酸は分解しにくいため、鮮度が落ちにくいのも特徴です。鮮度が多少落ちてもうま味が保持されるため、転じて「腐っても鯛」という言葉が生まれたとされています。真鯛の魅力を感じられるこの時期、みなさんもぜひ、お気に入りの一品を見つけて下さい。